公営のペット火葬場の料金は?

公営のペット火葬場の料金は? 自分が生活をしている自治体が行っている公営のペット火葬場を利用する場合、民間の業者よりもはるかにリーズナブルな料金で火葬をしてくれるケースがほとんどで良心的です。
その反面手厚いサービスが受けられるペット火葬業者と異なり、多くを自分の手で行わなければならないことを頭に入れておく必要があります。
例えば公営の火葬場にペットを運ぶ際は自分で行うのが原則です。ペットの体は人間と同じように死後着々と腐敗が進み、目や耳などから体液が漏れ出てくることがあるため、タオルや毛布などで体を優しく包み込み、段ボールなど大きめの箱に入れて搬送すると安心です。
公営の火葬場では一度に複数のペットを荼毘に伏すため、個別で遺骨を回収することは難しい場合があります。
そのため後から骨壺に遺骨を納めたいと考えている人は事前によく確認をすることが大切です。
近頃のペット火葬業者は大変リーズナブルな料金を掲げていることがあるため、一括見積サービスなどで相場を把握するのも良いでしょう。

私設のペット火葬場との違い

私設のペット火葬場との違い ペット火葬は大きくペット霊園や火葬業者の私設火葬場を利用する場合と移動式の訪問火葬車を利用する場合の2つがあります。
両者を比較すると、いくつかの違いがあるのでよく理解した上でペット火葬を依頼する必要があります。
私設火葬場の特徴は、葬儀から火葬、納骨まで一貫して行うことができることです。埋葬場所を備えた私設であれば、定期的な供養やお参りすることもできます。
それに対して移動式の訪問火葬車の場合は移動する手間が必要なく、自宅にまで来てもらって火葬を行うことができるのが大きなメリットです。
ただし、埋葬をその場で行うことはできません。
火葬だけできれば良いというのであれば、訪問火葬車を利用するのが便利ですが、その後の納骨や埋葬、さらに供養のことまで考えた場合は、ペット霊園や火葬業者を利用したほうが良いでしょう。
なお、ペット霊園や火葬業者によって費用や設備、サービスの内容が変わってくるので、最初によく調べておく必要があります。