火葬車を利用するメリット

火葬車を利用するメリット ペット火葬はペット専門に扱っている葬儀場で行うか、もしくは埋葬という形になることが多いです。ヒトと違い埋葬法といった法律がないためどのような方式をとっても良いですが、家族同然のように過ごしてきたペットであるので、最後はしっかりとお別れをし、供養を行うことが大切です。
近年ではペット火葬の新しい形として火葬車を使用した方法が注目されています。ペットの火葬車は自宅近くに来ることができ、落ち着いて別れをすることができるメリットがあります。煙なども出ることがなく、短時間で済むことができるので、家族の空いている時間を利用してペット火葬を行うことができます。さらに、高齢の場合や車いすなどを利用している場合にもわざわざ霊園に赴くことはないためゆっくりとお別れをすることができます。
ペット火葬会社では、火葬車に会社名を入れないなどの配慮をしているところもあります。ペットが過ごした場所でお別れができるのが最大のメリットといえます。

ペット火葬で火葬車を利用するデメリット

ペット火葬で火葬車を利用するデメリット ペットを飼っている人達はペットを家族のように扱っているので、最近ではきちんと火葬してあげることが多いようです。ペット火葬といっても大きく分けると二種類の方法があります。火葬場まで赴く方法と火葬車を利用して自宅で火葬してもらう方法の2つです。
一番一般的なのは前者となりますが、後者を選ぶ人も増えてきています。ペット火葬で火葬車を利用することは時間の都合が付けやすいということで人気です。家族が揃う夜中に利用できるため、皆でお見送りするのに適しています。しかし、デメリットも存在します。まず、騒音の問題です。朝や昼間なら問題ありませんが、夜中にやるとなるとかなり音が響きます。
そのため、近隣住民の方に事前に了承を得ておくことがトラブルにならないためのコツです。同時に、臭いが出ます。死体を焼くことになりますから人によっては我慢できない場合もあるでしょう。さらに、完全に焼き切れない場合があります。火力が低いため、骨まで燃やすことが非常に困難です。