自宅でペット火葬を勝手に行う

自宅でペット火葬を勝手に行う 近年ではペットが亡くなった際にお墓を作るなど人間と同じような供養を望まれる家族も少なくありません。そのため、お墓に埋葬するために自宅でペット火葬を検討する方もいるかもしれませんが、自宅でのペット火葬は現状行わない方が無難だといえます。その理由のひとつとしては、法律的にはペットが亡くなった場合の処理は一般廃棄物と同様に考えられるのですが、現在では「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」という法律によって、庭先などで廃棄物を燃やすことは一部の例外を除いて禁止されており、ペットの場合も同様だと考えられるからです。つまり、たとえ大切なペットであったとしても自宅の庭などで燃やしてしまうと法律違反だとみなされてしまう可能性が高いといえるのです。
お墓に埋葬したいなどの理由でペット火葬を希望される場合は、家族の判断で勝手に行うのではなく、自治体やペット火葬を行っている民間企業に確認してから適切に対応することが大切だといえるでしょう。

庭でのペット火葬は自治体に確認!

庭でのペット火葬は自治体に確認! 庭のあるご家庭でペットが亡くなった場合、ペット火葬で埋葬しようと考える方々もいらっしゃいますが、自分の所有地だからといって自由に出来るわけではありません。ペットの犬が亡くなってしまったときには自治体に死後30日以内に届出をすることが義務付けられているからです。ここで犬だけに届出義務が課せられていることに疑問を抱く向きもあるでしょう。この点は狂犬病予防と言う公衆衛生の観点から法律上義務付けられているわけです。仮にこの届出を怠ると、20万円以下の過料に処せられることになるのです。この届出で必要な記録事項は、買主の氏名住所、死亡犬の登録番号と死亡年月日になります。添付書類には犬の鑑札に狂犬病予防注射票などがあります。
犬にだけこれほど厳しい規定がされているのは、狂犬病は発症すると死亡率はほぼ100%に上る、危険な伝染病であることには今日でも代わりがないからです。犬がなくなってペット火葬を行うのは辛いものですが、所定の手続きは忘れないようにしましょう。