ペットとの最後の別れを済ませた後は、いつまでもそのままにしておくわけにはいかないので、火葬を行わなければいけません。
ペット火葬は、今では一般的なものとなっていますが、初めて利用するという方は、火葬はどのような形で行われているのか分からないのでいざというときが心配だという方も少なくはないようです。
ここでは、ペット火葬の流れは葬儀場によって異なる場合もありますが、ここでは一般的な火葬の流れを説明します。

ペット火葬の流れについて

ペット火葬の流れについて ペットが亡くなると悲しい気持ちを抑えることができず、いつまでもペットの亡骸と一緒にいたいと思う方も多いようですが、夏場は特に亡骸をそのままにしておくと傷んでくるので、早めに火葬を行わなければいけません。
ペット火葬を利用するときは、火葬の日時を予約し、合同火葬、個人火葬、立会い火葬などいくつかの種類があるので、まずは内容を確認してどの火葬を行うのかを決めなければいけません。
ペット火葬で合同火葬を選んだ場合は、火葬の当日は、葬儀場から亡骸を引き取りに来てもらいそのまま納骨をしてもらうことができます。
自分の手て骨上げをして納骨をしたいという方は、立会い火葬を選ぶと、火葬をした後に骨上げをして納骨という流れになります。

ペット火葬時の動きは業者に聞こう

ペット火葬時の動きは業者に聞こう 大切な家族の一員であるペットが死んでしまったときは、ペット火葬業者にその後の対処について聞くのがおすすめです。
動物病院で亡くなった場合は、ペット火葬業者を紹介してくれることもあるため、受付やスタッフに一声かけると良いでしょう。
遺体の搬送から火葬に至るまで細かく指示をしてくれるため、飼い主は純粋にペットが死んでしまった悲しみにくれることができます。
自宅で最期をみとった場合には、タウンページやインターネットのサイトを経由してペット火葬業者にコンタクトを取りましょう。
インターネットを利用する場合は事前に口コミなどで評判に目を通しておくのもおすすめです。
自分や家族が抱えられる大きさのペットであれば火葬場までの搬送を自力で行うこともできますが、それ以上の大きさのペットになると自宅まで専用の車で引き取りに来てもらい、荼毘に伏す方法を取らざるを得ないこともあるため、最初にコンタクトを取った時にペットの種類や大きさについて詳しく説明をしておきましょう。
火葬を行い骨壺に納骨をし終わった後でも、位牌や仏壇の購入について相談に応じてくれるケースも多いため、手厚い供養をしてあげたいと考えている人でも安心することができます。

お奨めのペット火葬関連リンク

24時間無料相談を受け付けてくれるペット火葬

ペット火葬 東京